スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星猫



花信風さんに出品しているもうひとつの照明がこれ、『星猫』です。
『花猫』と同様にLEDなので色変化します。
これからのクリスマスシーズンにもぴったりかも♪
粘土作品とは言え、仕上げの表面が和紙なので柔らかい感じに仕上がっています。
スポンサーサイト

星猫



花信風さんに出品しているもうひとつの照明がこれ、『星猫』です。
『花猫』と同様にLEDなので色変化します。
これからのクリスマスシーズンにもぴったりかも♪
粘土作品とは言え、仕上げの表面が和紙なので、表面が柔らかい感じに仕上がっています。

今年の照明



花信風さんに今回出品した照明は「花猫」と「星猫」の2点。
画像はその中の「花猫」です。
今までの照明と違い、今年は立体と同様に粘土と和紙を使って作りました。
ロクロを出していたのはこの制作のためだったのです。
昔やっていた陶芸の技術がこんな所で役に立つなんて・・・。
この照明の光源はLEDで電池式のモノです。
穴の空いている花びら部分がまるで紫陽花のように赤、青、緑とゆっくりと変わっていきます。

省電力のLEDとはいえ、一日中灯しているとやはり電池の消耗が早いので、「エネループ」などの充電式の電池を使用して頂くのが理想かも。
今回展示しているもうひとつのあかりは「星猫」。
また後日アップします。

新兵器



ずっと以前、旧ブログで「LEDが照明の主流になるだろう」と言っていたが、とうとうこんな物が出てきた。
この照明パーツは瀬戸で偶然見つけたものだ。
LEDとは『発光ダイオード』のことで、第4世代のあかりとも言われている。
1996年にようやく白色のLEDも開発されて、今ではもうすでにデジカメや携帯電話のバックライトとしてや、信号機などにも使われている。
旧タイプの電球と異なり、省エネで本体が熱を持たないため、小さな照明作品にはとても便利で安全だ。
今回手に入れたこのLEDは、徐々に「青・緑・赤」と色がイルミネーションのように変化していくので、なんとも幻想的な雰囲気の照明が出来る。
しかも電池式なのでコードがなく、何処にでも置けるので便利だ。
一から照明パーツを組み立てるのは手間もお金もかかっていたのが、これだと金額的にも随分と「お手軽」にもなる。

このLEDを使った照明・・・11月の花信風さん(所沢)と『猫の宴』(京都)で初披露できればいいのだが・・・。
プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。