FC2ブログ

ドーサ液のこと


私は基本的に絵を描くのはアクリル絵の具を使います。
絵を描く紙は、仕事ではもっぱらクレセントのイラストボードを愛用しているのですが
自分の作品として猫の絵を描く時には和紙ボードを使います。
イラストボードに描く方が吸水性など断然扱いやすく、濃淡もつけやすいのですが
和紙に描くと独特の風合いが出るのでこちらを使っています。

日本画の経験者は御存じと思いますが、
和紙を使う場合はあらかじめ紙に「ドーサ液」を塗ります。
ドーサ液とは膠液に明礬を少量加えた物で、和紙の滲みを防止します。
和紙ボードはそれぞれのロットによってドーサ引きの具合が違うようで、
様子を見ながら自分で再度ドーサを引いて「描き良い頃合」にします。
使う絵の具は日本画絵の具でもアクリル絵の具でも、
和紙に描く場合はこのドーサ引き作業は必要です。

以前はドーサ液も自分で作っていたのですが、この頃はすでに調合してある便利なものもあり
私はこの液を適度に薄めて使っています。
出来上がった『梅香』はほぼドーサ無しでいけましたが、
今進行中の『猫の木』はかなり滲みが強いので、ドーサ液で調整しました。





絵を描く「道具」は絵の具も紙も、やはり実際何度も使って経験を重ねて、
自分の手に馴染む「頃合」を探しだすのが大切だと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR