スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避暑地


いよいよ本格的な夏になってきましたね。
机のある制作場所は2階なので日中は暑い上に
部屋の隅の凹んだ場所にあるので、熱が籠りやすいのです。
そのせいか昼間、秘書R嬢はもちろん、助手K氏も見習いF氏もやって来ません。
出勤もせずに何処でさぼっているのかというと・・・



そう、玄関の下駄箱下です。
ここが彼らの夏の「避暑地」なのです。
タイルがひんやりして気持ちが良いのでしょう。
入れ替わり立ち替わり猫達が涼みにやって来ます。
そろそろ私達人間用にも、リビングのラグを「竹ラグ」に敷き替えなくては・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

猫達は、とにかく快適空間を良く知っていますよね。猫的ですけどね。とっても気持ちよさそうぉ。

No title

あはは^^ うちも猫たちは、洗面台の中とか、この猫スタッフさんたちと
一緒で、玄関のセメント?の上とか^^;に転がります。
そのまま家のなかでまた転がるのがちょっとイヤなんですが~--;)
ありがとうございました!無事にとどきました☆^^☆

No title

夏はいちばん風通しのいい場所、
冬はいちばん暖かい場所を選んで
すごすっていいますものね、ネコさんたちは^^

実家の建て替え前に(その当時はクーラーもなかった^^;)
あまりに暑い我が家で一人で留守番をしたとき、
風呂場のタイルの上で寝たことがあります…^^;
きっと前世は猫なんですよ、ワタクシめ^^;

No title

◆bobumariさん
暑い日は思わず猫が横になっている隣に寝転んでみます。
確かに風の抜ける場所が多いです。
でも下駄箱の下はちょっと・・・・(^^;)

No title

◆ケミコさん
洗面台の中!そういえば見習いFも昨年はここで寝てました
今年はまだ入っていませんね~・・・。忘れてるのかな?
でも水を抜いたお風呂の中では寝転がってるようです。
確かにそのまま家の中で転がられるのは玄関もお風呂もイヤですよね。
砂や水が・・・・(^^;)

無事に届いて良かったです~♪(^^)

No title

◆しましまさん
猫は本来そうなのですが・・・助手K氏は少し脳味噌が薄いので(笑)
暑いベッドルームの洗濯カゴの中で寝てたりします。
そしてフラフラになって出て来て、冷え冷えマットで身体を冷やします。
ハッ!ひょっとして・・・・サウナのつもり?(笑)

しましまさん、お風呂のタイルの上で寝たのですか?わははは
私は学生の頃一人暮らしのアパートで、冷蔵庫の扉を開けてその前で寝た事があります。

No title

気持ち良さそうなところですね。
猫って居心地の良い場所を見つける天才ですね。( ̄∇ ̄*)

No title

ああ、風太くんの気持ちが良くわかる。
わたしはまだ扇風機もつけていません・・・
そして今日の灼熱を乗り切りました。
スーパーに行ったら涼しいのが災いして逆に熱が出てきました。
ああ・・仕事で灼熱地獄になれたせいか、暑さに強いニンゲンになってきました。
でも猫さんたちは偉いです。毛皮着ているのですよ・・・
K君、R嬢、F君、暑いのは君達だけじゃない。私も涼しい所見つけてすごしているよぅ・・

No title

◆siisawattoさん
猫が寝ている場所って本当に涼しい所が多いですよね。
ヒゲで風の流れを察知してるのでしょうか。
時々洗面所のボールの中に入っている事もありますが。(^^;)

No title

◆ドラクロワさん
ひゃ~~~~!扇風機さえつけずに!?すごいですね!
クーラーに慣れた脆弱な身体にはなんともうらやましい程。
毎年夏になるとギリギリまでクーラーを我慢するのですが
一度つけてしまうと、もう後戻りはできなくて・・・
ついついスイッチに手が。(^^;)
そして外気との温度差に体調を崩します。
せめて暖かいものでも飲もうと心掛けてはいますが。
ドラクロワさんの様に暑さに強い方が身体には良いのかもしれませんね。
プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。