スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い実




この絵はようやく出来上がった、ミニフレーム用のイラスト「木の実シリーズ」です。
色つき始めるナナカマドと三毛猫の仔ニャンを組み合わせてみました。
このシリーズは、仔猫ばかりを描いていきたいと思っています。
この絵以外に3点ほど花信風さんで原画とプリント絵を追加展示していただく予定です。
ミニフレームは気軽に机やパソコン横にも飾れますし
並べて壁に飾るとちょっとお洒落かも♪
明日には額装して発送出来そうです。

私は子供の頃から木の実が大好きで、食べるのはもちろんですが
眺めているだけでもなんだか幸せな気持ちになってきます。
庭の花水木にも秋になると赤い実がつきます。
その実を食べに3羽のヒヨドリが毎朝やって来て、見習いFの心を乱していました。(^^;)
花水木の実は初冬にまずヒヨドリがやって来て実を啄み
その後ツグミや四十雀なども食べに来るそうですが
我が家の小さな花水木の実はほとんどヒヨドリが食べ尽くしてしまい
他の鳥たちを見る機会がありません。



今は葉の陰になって、ヒヨドリから逃れることの出来たこの実のみが
赤く色付いた葉の間で揺れています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

かわいらしですね~^^
しかも赤い実がなんともいえず、こころをくすぐりますね☆
ナナカマド、宮沢賢治の話しの中ででてきたような・・・
それで、私はナナカマドという名前は知っていましたが
実際には実物をしらなかったのです~^^;(汗
それも1週間前まで!
夫に教えられました「ほら、ごらん、あれがナナカマドだよ」ひゃ~
子ども相手か!><)
赤い実、ほんとにこころがほぐれますね!
ミケちゃんの三毛柄とも色の相性がばっちりです♪

No title

素敵な構図ですね。ななかまどと、ナンテンの見分けがつきせんで、勝手にナンテンだと思っていました。難を転ずる方かと。花言葉は「私の愛は増すばかり」だそうです。

No title

◆ケミコさん
ナナカマドは宮沢賢治の愛した植物でしたよね~。(^^)
北海道や東北の方では街路樹にもなっているそうです。
私は立山に行った時見た、真っ赤なナナカマドが忘れられません。
あんなに見事に潔く真っ赤に紅葉するなんて。
絵のナナカマドは紅葉しきる前の色付きはじめた頃を描いてみました。(^^)
キリリとした三毛仔ニャンと合っていますよね~。

No title

◆barber-maryさん
南天の葉はギザギザが無く、葉も色が濃く、艶があります。(^^)
実の付き方も違っています。
南天には和風の感がありますよね~。
我が家でも鬼門に南天を植えていますよ。
プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。