スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・スミザー


制作に疲れたら、時々近くの図書館へ出掛けます。
図書館で気に入った本を数冊選び、小脇に抱えて
その足でコーヒーショップに行くこともあります。

本はその扉を開いた途端に私達を「別世界」へと誘ってくれます。
図書館で動植物の写真集や小説やちょっと小難しい研究本・・・・
抱腹絶倒のエッセイやはたまた子供が読むようなファンタジー・・・・
今日はどの「世界」に旅立とうかと選んでいると
図書館がそんな世界への駅「プラットホーム」の様な気さえして来ます。

そんな中から時々、運命的な本に出会う事があります。



この本もそんな1冊です。
TVや雑誌等でも有名なポール・スミザー氏の本です。

以前にも書いたように、絵描きにとって「モネの庭」や「ターシャ・テューダーの庭」は
ある意味、憧れの理想郷でもあります。
あの庭の何が絵描きの心を捕らえて離さないのか・・・・
その答えがこの本にあるような気がします。

この本の中に「花を追いかけない」という文があります。

「植物も花が咲いていない時間の方が長い。
植物全体の色や形を楽しめるように
そして時と共に変わる植物の姿をずっと楽しめるように・・・」

私の植物に対しての感じ方はまさにその言葉に尽きます。
猫どころか雀の額ほどの我が家の庭を
彼の八ヶ岳の素晴らしい自然流庭園の様には
なかなか出来ないものですが、せめて小さな庭の小さな植物を
花の季節も、また葉の季節も、葉すら無い枝の季節も
周りの風景と共に楽しめたらなと改めて思います。

ちなみに宝塚の『ガーデンフィールズ』の庭園Seasons
ポール・スミザー氏の設計によるものです。
5月になったら出掛けてみようと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ、この本、私も以前本屋さんで手にとりました^^v
中身を立ち読みして、とてもほしくなった記憶があります☆
でも、すごく迷って、買わなかったんですが・・・
だって・・・だって・・・、オタクが買ってどうするの?(←頭の声)
なんて、ダメですね~、こうやって頭で理性で情熱をせき止める
のはほんとに良くない!><)
気持ちがココロが、惹かれていくのを、せき止めないで、流れさせて
あげることが、創造の世界へと導いてくれますよね☆
私も、そういう珈琲ショップあるといいな~^^

No title

◆ケミコさん
こういった本って確かに実用的ではないけど(笑)
イマジネーションを刺激してくれますよね。
ポール・スミザーの庭は「自然だけど管理された庭」ですよね。
植物自身も心地よいのだろうな~と思える様な庭。
この本、自宅に戻ってすぐにAmazonで購入しましたよ♪
そうしてどんどん本が家に増えていきます。(笑)

No title

EMYさん。気持ちわかります。
我家も猫の額ほどの庭なのに雑木林のような状態で悲惨です。
私も、この本を買ってみようかな。。

No title

◆barber-maryさん
「雑木林のような庭」もそれはそれでまた良いものです。(^^)
私は落ち葉も雑草も楽しむタイプの人間なのですが
枯葉一枚、雑草1本嫌がる義母がすべて掃き取り、引き抜いてしまいます。
綺麗なんだけど・・・・さみしい。(笑)
プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。