スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現力


びー玉さんでの『7人の猫科の女たち』展は先週無事に終了致しました。
足をお運び下さった皆様、ありがとうございました。
大阪で展示会に参加する事はほとんど無かったので
今回初めて私の作品を見て下さった方もいらっしゃった様です。
見て下さった方の心に「何か」がほんのりと残っていればいいな・・・なんて思っています。

さて、搬出も終わって少しホッとしていた私の元にこんなものが届きました♪





これはお友達ののりきちさんが作ったフォトブック『アオメちゃんのこと』です。
のりきっちゃんはずいぶんと前から猫写真を撮っている方で
私は昔から彼女の猫写真の大ファンです。





この写真集は彼女が出会った「アオメちゃん」という猫さんの子育ての風景が
優しい目線で切り取られています。
今回、この写真集のページをめくりながらじんわりと涙が出て来ました。
それはきっと彼女が持っている「感性」という琴線に私の心が触れているからだと思います。

昨今、デジタル一眼のカメラが普及して、カメラ人口がドッと増えました。
コンパクトカメラでは表現出来なかった「空気感」「臨場感」をたやすく得る事も出来ます。
猫の雑誌にはそんなセミプロチックな投稿猫写真が花盛りです。
でも良いカメラと技術を持ったからといって
誰もが岩合光昭氏の様な写真が撮れるわけではありません。
同じ絵の具と紙を持っても、皆が同じ絵を描けないのと同じです。
それぞれの持っている感性が「ひとつの作品」として表現されるのでしょう。
表現者はみな、この「自分感性の表現法」に四苦八苦と苦しんでいるのだと思います。

のりきちさんの写真から、私はいつも岩合氏と同じ匂いを感じます。
それはきっと彼女の持っている「感性の色」が岩合氏と同じなんだろうと思っています。
技術だけでは無い、ファインダーに写る景色だけでは無い
そのずっと奥にある「表現力」を、きっと彼女は無意識に自分の内に持っているのだと思います。
そしてそんな風景に出会える「運」も岩合氏と同様、生まれつき持っているかもしれません。

絵や立体の作品を作っている私も、いつも「表現力」という壁にぶち当たります。
自分の中にある(であろう)この表現力を常に意識していたいとつくづく思います。

のりきちさんの素敵な写真はブログふぉとまでも見る事が出来ます♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

そんな風にとらえられるEMYさんの感性がまたまた素晴らしいのよ!!
EMYさん、すぎだ~~~(きもい?)

私は「表現する人」ではなく、アートファン、音楽ファンにしかなれてないなぁ・・・と実感する今日この頃です。(涙)

No title

私も、のりきちさんのお写真好きです♪
涙腺がゆるんでしまうほどの、温かな表現なのですね。
そんなふうに、誰かに伝わるって、とても素敵なことです。
表現した人にとっても、それを受け取って感じた人にとっても。

No title

あんだんてさんに同じく~(きもい?)

猫写真を撮る上でもとても参考になる
EMYさんのご発言と、のりきちさんのお写真。
今、「ねこのきもち」の表紙の写真をとっていらっしゃる
板東寛司先生の「猫のための写真講座」初級を受講しております。

その割りに、ブログにまともな写真を投稿しておりませんが・・
撮り貯めております。

時々見てやってください。

No title

EMYさん、どうもおありがとうごぜいやすぅ~♪
見ていただくだけでも光栄ですのに・・・うるる~ん。
現在も時たまアオメちゃんちを覗いてます。
皆自由猫なので、出会ったらめっけもん!というギャンブル的関係です。いまだに触れませんし・・・。(^_^;)

No title

◆あんだんてさん
ひょ~~(*^0^*)嬉しいです♪
あんだんてさんはまさに「表現者」ですよ!
歌で表現し、踊って表現し、そして手から作り出して表現。
「表現者」以外の何ものでもないです。
素晴らしい人達のファンになれるのも、やはりその素晴らしさがわかる感性を持っている証拠ですものね。
お互い試行錯誤しながら頑張ろうね~~~!

No title

◆Lilicoさん
モノを作っていると、時々独りぼっちの様な・・・
誰もいない暗い穴に向かって叫んでいる様な・・・・
なんともいえない不安感に襲われる時があるのですが
作品が出来上がって、見て下さる方々が共感して下さると
例えようのない幸福感を感じます。
Lilicoさんがおっしゃるように「伝わる」ということは
本当に大切な事だと思います。(^^)

No title

◆Barber-maryさん
Barber-maryさんも素敵な写真を撮っていらっしゃいますよね。
時々ブログに伺って素敵な写真拝見しています♪(^^)
いつも見る度に「小さな幸せ」を感じる・・・そんな写真♪
Barber-maryさんのお人柄が出ている様な気がします。

そうでしたか!板東さんの講座に!!
うらやましいです~。私も近かったら通いたい~!

No title

◆のりきっちゃん
素敵なフォトブックを見せて頂きありがとうございました!
嬉しかった~~~~(^^)
アオメちゃん、ぜひ追っかけてくださいませ。
外猫さんなのでそんなに長生きできないかもしれないけど
こうしてのりきっちゃんというフィルターを通す事で
アオメちゃんの「生命」を私達の記憶の中に焼きつける事ができますよね。
アオメちゃんとのりきっちゃんの距離感もいいのかも。
楽しみにしてます~~♪

No title

おっしゃるように道具が進化してもそれをどう使って表現していくかは人の手にかかっているものですよね
写真はその人が出てしまうって思います
愛情やら
思いやら
その人がそのまんま写しこまれていくって思います
そういう道具をたやすく手にすることが出来る世の中になったのだから
みんなそれぞれの表現をしていきたいもんだなぁ
って思っています

No title

◆うりさん
そうなんですよね。
カメラって写す人の「絵心」や「思い」がけっこうはっきりと出ますよね。
展示会に行ってすごい画家や写真家の作品を観ながら
「すごいな~、いいな~」と観流すのではなく
「感じる」事が自分の表現に成長をもたらすのだと思います。(^^)
プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。