薄暮の回り道

夕方、用事で郵便局に行ったついでに、ぐるりと回り道をして帰りました。
私の場合、ウォーキングなどに出掛けても
途中で庭々の花や立木の実、道端の草花を眺めながら歩くので
帰りがすっかり遅くなって、とっぷりと日が暮れてしまうことがよくあります。

今日も、キョロキョロとよそ様の庭花などを眺めて歩いていたら
花梨の木を見つけました。

花梨1

いつも歩いている川沿いの道なのに、こんな所に花梨の木があったとは!
カメラを取り出して花梨の木を撮っていたら
何処から現れたのか、おばあさんが突然声を掛けてきました。
「奥にもっといっぱい実が成ってる木があるよ」
ニコニコ笑いながらそう言って、ズンズンと私を奥に誘うので
ちょっと失礼して、おばあさんに付いてよそ様の庭(駐車場かな?)に入って行きました。

枯れて葉が落ちた葡萄棚を抜けると
そこにびっくりするくらい、たわわに実がついた花梨の木がありました。

花梨2

こんなに実が成った花梨を見たのは初めてです。
木の周りには甘い良い香りが漂っていました。

「今年は特に実のつきが良くてね~」
おばあさんはやっぱりニコニコ笑いながら言っていました。
数枚写真を撮らせてもらい、おばあさんにお礼を言って別れました。

そういえば・・・・亡くなった母が植えた花梨の木はどうなったのだろう・・・。
母がいなくなった今年もちゃんと実を付けたのかな?
こんな風に木や花や草に「思い出」が宿っているっていいなと
そんなことを考えながら、家に付いた頃には
やはりとっぷりと日が暮れていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR