ミモザの庭

この季節、黄色くてポワポワとしたミモザが花盛りです。
昨年新築したご近所の庭にもミモザが満開です。

ミモザ1

ミモザ2

数年前に葛城山を散策していたら
白い洋風なお宅の大きな庭にもミモザが咲いているのを見つけました。

ミモザ3

ミモザといえば・・・・・・
昔、大島弓子という少女漫画家が『ミモザ館でつかまえて』という
サリンジャーの様な題名の漫画を連載していました。
大島弓子氏はその後、猫を擬人化した『綿の国星』を大ヒットさせました。
最近では『グーグーだって猫である』という作品が映画になったりもしました。
昔の少女漫画ファンで猫好きなら、誰でも知っている漫画家さんですよね。
萩尾望都氏と並んで熱烈なファンがいるのでも有名です。

ミモザの庭を見て、そのお宅の奥様が私とほぼ同年代の方なら
ひょっとして少女時代に読んだ、あの『ミモザ館で・・・』が
憧れとして残っているのかなと、なんだか想像してしまいます。

肝心のその漫画には一度もミモザは出てこなかったそうですが・・・。

春の黄色い花の代表ですが、私はクシャミが出そうなこのポワポワミモザより
塀に垂れ下がるキリッとした金雀枝(えにしだ)の方が好きかも。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ミモザ、可愛いですね^^
綿の国星だけ持ってます。
ニャンコ漫画だから、
ですが残念ながら 大島弓子女史は
ワタシの世代ではないのであった~☆

◆Daisyさん

Daisyさんは私よりもっともっとず~~っとお若いもの♪
大島弓子氏の世代ではないですよね。(^^)
「綿の国星」は独特の世界観がありましたね。
世界観というより空気感かな?
ミモザ、モサモサして可愛い花ですが
なんでも「ミモザ花粉症」というのがあるらしく
住宅街ではご法度の木だそうです。^^;)
プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR