スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水張り



普段は麻紙を張ったボードを使用しているのだが、今回は久しぶりに水彩紙を使う予定だ。
水彩紙を水張りする場合は美術学校などで使う「木製パネル」が一般的だが、私は使い勝手や手軽さからシナベニヤに水張りをする。
早速、昨日近所にあるホームセンターに行ってみたら、丁度良いサイズのシナベニヤが一枚しかなかった。取りあえず注文はしておいたが・・・果たしてちゃんと入ってくるのだろうか?
紙はコシの強いアルシュの細目。一部地塗りをするので最低限でもこの程度の強度が必要だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

水張り!むか~し、デザイン学校に通っていた頃、絵を描くより水張りが好きだったの。NOVAの授業で昔のことを話す時、long long time agoっつったら笑われたぞな。しかし学生時代っつたら2・30年前のことだからな~、しょうがない。

No title

long long time ago「むか~し、むかし・・・」って感じ?(笑)
美術学校時代の水張りってちゃんとした「パネル張り」でしたよね~(^^)
展示する時にはそれにビニールのようなカバーをつけて。
プロになってからはほとんどが「平張り」ですね~。
簡単だし、扱いやすいし。
今日は5枚水張りしましたよ。(^^)
プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。