絵を描く(その3)

過去の倉庫から取り出した「絵の描き方」の続きです。

article25[1]

ザッと色を付け始めます。
表面がザラついているので、アクリルの白を塗っていても、手に伝わる感触は胡粉っぽい。


article26[1]

全体に色を薄く置いてみます。
これから先は「描き込みすぎ」との戦いです。
描き込みすぎて中途半端な「リアル画」になるのだけは避けたいので。

日本画を描いていた頃、一番難しかったのはこの「リアルな描き込み」の加減でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR