小さな生態系

庭の花水木が紅葉してきました。
朝からキーキー甲高い声でヒヨドリがやって来ます。
花水木の赤い実を啄ばむためです。
ヒヨドリがいない時、美しい鳴き声が聞こえることもあります。
こっそり窓から見張っていると、やって来たのはメジロでした。
メジロも花水木の実を食べるんですね〜!

調べてみると、メジロは花水木の実を綺麗に皮を取って食べるとか。
あの冬みかんの美しい食べ方を思い出すと、それも納得できます。

2015101808033356f.jpg

庭に落ちた鳥たちの落とし物です。
ヒヨドリはとにかく荒っぽく実を落とします。
時々ご近所さんの庭にも落としてるようです。
少し突っついては落とすので、花水木の根元が赤い実だらけになることもあります。
それに対してメジロはほぼ種だけになるまで啄ばんでいるようです。

でも、ヒヨドリが落とした丸ままの実も、いつしか蟻の巣の入り口まで運ばれて・・・

2015101808033422c.jpg


そのうち、種だけに分解されます。

20151018080336b8c.jpg

この種も巣に持ち込まれ、そのうち蟻の巣の中で発芽してニョロっと花水木の小さな苗木が伸びてくる・・・・
そんな「小さい庭の生態系」を想像してしまいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

EMYSWORKS

Author:EMYSWORKS
猫作家EMYの制作の日々

制作室スタッフ

EMYのイベント情報です
●出展INFORMATION●
EMYのHPはこちら


Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR